放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

藤沢市藤沢にある放課後等デイサービス【オレンジスクール】藤沢教室は、発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害(ADHD)・自閉症・アスペルガー症候群・不登校のお子さま一人ひとりに寄り添った教育・指導を行っています。

オレンジスクール【子供の勉強。心にとめておきたい大切なこと】藤沢教室 - 放課後等デイサービス(自閉症、ADHD、学習障害(LD)を抱えるお子さまに教育と療育を。)

こんにちは。放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室の百田です。
今回は発達障害をかかえるお子さんの勉強についてお話ししたいと思います。

お子さまの特性はさまざまです。見た目にはわかりませんが、注意が多方面に向きやすかったり、長期記憶が苦手だったり、耳から入ってくる情報の処理が難しかったりと、いろんな特性をもっています。得意なこと、苦手なことの差が激しいのも発達障害の1つの特徴です。

でも外見だけでは特性がわからないことが多いので、周囲からは「なぜこれが出来るのにこれが出来ないの?」と疑問を持たれがちです。ただ、その質問が子供を勉強からさらに遠ざけることになるかもしれません。 なぜなら、

勉強しなきゃ!→勉強する→理解できない→答えが書けない→怒られる「集中力がたりない」「勉強時間がすくない」「先生の話を聞いていない」「やる気がない」→自信をなくす・・・ という無限ループに陥ってしまっているからなんですね。

ではどうすればいいのでしょう?

大切なことは、まず『なににひっかかっているのかを明確にすること』。

f:id:orangeschool_fujisawa:20170623184020j:plain

上記にも述べましたがお子さまによってひっかかっているポイントは違います。 視界に気になるものが入ってしまうと周りが見えなくなるのか、ワーキングメモリーの容量の関係なのか、視覚情報には強いけど聴覚情報には弱いのか・・・・など人によって様々でしょう。そこを明確にすることで、今後気を付けるポイントが見えてきます。

・勉強する部屋に余計なものを極力置かないようにする

・言葉だけで説明するのではなく、図や絵を用いて説明する

これはほんの一例ですが、こういったちょっとの工夫で前向きに取り組めるようになるのではないでしょうか。

そして『できていることに着目すること』

例えば100点満点のテストで得点が20点の答案があったとします。 多くの人は不正解の80点分にまず目が行くでしょう。そして「なんで出来ていないの?」と思い、問いかけるかもしれません。

f:id:orangeschool_fujisawa:20170623184002j:plain

そこを、少し視点を変えて、正解した20点分に着目してみたらどうでしょう。20点取れた事実をまず承認するのです。「そっか、今回は20点だったんだね。こことここは丸がもらえてよかったね!」というふうに。不正解の80点分を補うのはそこからでも遅くありません。

ふりかえることも大切ですが、事実を受け止めたうえで、今後どう行動を起こしていくか考えることも大切です。

親子で話すと感情的になってしまっていつも話が平行線・・・という方は、ぜひ一度教室にお越しください。

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

  • じっとしているのが苦手
  • 準備や時間管理が苦手
  • 空気がよめない
  • 周囲が気になり集中できない
  • こだわりがあり学習にも偏りが多い
  • 文章を拾い読みしてしまう
  • 意外なことで突然癇癪を起す
  • 言葉を直接的に捉えて一喜一憂する
  • 不登校で勉強が遅れている
  • 整理整頓が苦手
  • 朝の準備に時間がかかる
  • 算数や国語の問題内容をイメージするのが苦手

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466−52−5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

 

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・清水小学校・明治小学校があります。

 

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。

オレンジスクール【板書を写せない・ノートが取れないお子さまにオススメ】藤沢教室 - 放課後等デイサービス(自閉症、ADHD、学習障害(LD)を抱えるお子さまに教育と療育を。)

こんにちは。
オレンジスクール 藤沢教室の柏木です。

前回は勉強についての気持ちのあり方についてお話いたしましたが、今回は放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室がオススメする教材についてお話ししたいと思います。

放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室での過ごし方は「学習」と「療育」によって構成されています。

当教室の一般的なご利用の流れは、学校の宿題をサポートしたり、予習・復習や苦手克服のための学習教材を提供しながら支援にあたっておりますが、発達障害を抱えるお子さまの中には、「先生が書いた黒板の字をノートに書き写せない」、「文章題を理解できない」、「図形を頭でイメージできない」など、教科書や問題集に向き合って学習するだけでは克服することが難しい課題に直面することがあります。そうした課題(苦手の偏り)に、専門的にアプローチする方法として、オレンジスクール藤沢教室では「コグトレ」という教材をオススメしております。

f:id:orangeschool_fujisawa:20170619115039j:plain

コグトレとは?

『コグトレ』とは、認知機能に含まれる5つの要素(記憶、言語理解、注意、知覚、推論 )に対応する、「覚える」、「数える」、「写す」、「見つける」、「想像する」力を伸ばすための、紙と鉛筆を使ってできるトレーニングです。

f:id:orangeschool_fujisawa:20170619115314j:plain

コグトレには「認知ソーシャルトレーニング」・「認知機能強化トレーニング」・「認知作業トレーニング」の3つのタイプが存在し、それぞれが発達障害などによって学力や生活能力に偏りをもつお子さんをサポートするためのトレーニング教材となっております。

オレンジスクール 藤沢教室では、主にこの中の「認知機能トレーニング」を学習と併用して使うことをオススメしております。

先にお伝えしたように、「認知機能」とは記憶・言語理解・注意・知覚・推論という学習の土台とも言える5つの要素のことを指します。私たちオレンジスクールでは、お子さま一人ひとりの特性を丁寧にアセスメント(聞き取り)し、認知機能のどの部分に偏りがあるかを判断して、苦手の偏りに適した学習教材を提案しておりますが、その中でも「コグトレ」はそうした認知機能の分野別トレーニングに特化した教材であり、学習の土台となる要素を補いながら、通常の学習もより楽しく効率的にトレーニングに取り組むことが期待できるためオススメしている教材となります。

 

どうやって使うの?

例えば、「黒板の文字をノートに書き写せない」という学習への困難さがある場合、そこには「短期記憶(記憶)」や「視覚認知(知覚)」の分野に偏りがある可能性があります。

つまり、黒板に書かれた先生の説明を
【①目で見て】→【②頭で記憶し】→【③ノートに書き写す】

という過程の中で、一旦記憶した「何を描くべきか」という情報が、③の書き写しの段階で薄まってしまうのです。

故に、その苦手を回避する手段として、板書された文字を一文字一文字書き写すような非効率的なノートの取り方になってしまったり、「書こうと思っているけど、先生のスピードが早くてノートを書き終わる前に消されちゃう」といった嘆きの言葉が出てくるわけなのです。

パソコンによる学習などが導入されつつある現代において、学習内容が理解できているのであれば、必ずしもノートを取ることにこだわる必要はないのかもしれませんが、それでも現代の教育現場ではまだまだ「ノート提出」などの課題は避けては通れないのが現状です。また、板書をすることで「書いて覚える」という学習効果やふり返りができるというメリットを無視する事はできないでしょう。

f:id:orangeschool_fujisawa:20170619185605j:plain

そうした困難さを抱えるお子さまには、「記憶」の認知機能を高めるコグトレが効果的です。

例えば、【図形の描かれた問題用紙を数秒間見て覚え】→【問題用紙を伏せ】→【記憶を頼りに回答用紙に図形を描く】、といった短期記憶のトレーニングや、【点つなぎの完成図を見比べながら自分で同じ絵を描いてみる】といった書き写しのトレーニングを行います。

こうしたトレーニングを積み重ねていくことによって、板書された情報を長く記憶にストックする力を養ったり、手本と見比べながら書き写す技術を訓練していくのです。

『コグトレ』は、一見すると教材のようには見えないかもしれません。内容も「点つなぎ」や「間違い探し」など遊び要素の強いものも多く、「本当にトレーニングになるの?」と疑問に思われるかもしれません。

しかし、発達障害を抱えるお子さまにとって、まずは「机に向かう」、「問題と向き合う」ということが大変大きなハードルであり、お子さまに少しでも興味を持っていただけるように、教材の内容自体にも工夫がなされているのです。

オレンジスクール 藤沢教室では、認知トレーニングの他にも、教科書準拠の教材や、子ども一人ひとりの特性や学習進度に合わせた教育サービスを提供していきます。

発達障害や知的遅れを抱えるお子さまの勉強についてお悩みの方、子どもの放課後の居場所を探しておられる方、お友達づくりを考えている方など、ご家庭のニーズに寄り添いながらサービスを提供し、ご家族の方々と一緒にお子さまの成長をサポートしていきたいと考えております。

ご興味を持たれた方、オレンジスクールについてもっと知りたいという方は、お電話でも当サイトのお問い合わせフォームからでもご質問いただけます。

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

  • じっとしているのが苦手
  • 準備や時間管理が苦手
  • 空気がよめない
  • 周囲が気になり集中できない
  • こだわりがあり学習にも偏りが多い
  • 文章を拾い読みしてしまう
  • 意外なことで突然癇癪を起す
  • 言葉を直接的に捉えて一喜一憂する
  • 不登校で勉強が遅れている
  • 整理整頓が苦手
  • 朝の準備に時間がかかる
  • 算数や国語の問題内容をイメージするのが苦手

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466-52-5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・清水小学校・明治小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。

オレンジスクール【勉強も蝶々結も、スモールステップとタイミングが大事】藤沢教室 - 放課後等デイサービス(自閉症、ADHD、学習障害(LD)を抱えるお子さまに教育と療育を。)

こんにちは。
放課後等デイサービス オレンジスクールです。

 

お迎えに来られるお母さまとお話をさせてもらうと、「えっ?(ウチの子)そんなことができるんですか?」「・・・今日のそれって、(ウチの子)出来ましたか???」というお声をいただくことがたまにあります。もちろん本当にできるので、「○○ちゃん、ちょっと来てー。これ、やってみてー。」と、お母さまの前でやってもらったりします。

 

勉強(数のイメージ)とスモールステップ

こういうことは、算数で複数桁の計算を勉強し始める段階に来ているけれど、指を使って計算をする子に、数のイメージから指導(勉強支援)している場合に言われることが多いです。指は片手で5本。両手で10本です。答えが11以上になってくると、指折り計算だとなかなか大変です。出来たとしても学習進度が進めば進む程、数える数が増えるので、厳しく辛くなってきます。当たり前ですが、辛く大変なことは大人でも嫌なので、子どもなら当然どんどん机から遠ざかります。

 

f:id:orangeschool_fujisawa:20170616034559j:plain

 

そこで、指を使って計算しなくてもいいように、数のイメージが出来るようになるところからトレーニングを始めることがお子さまによってはあります。もちろんスモールステップです。通常だと2色のおはじき等を使って5個のイメージが出来るようになるところから開始し、「▲▲▲▲△」「▲▲▲△△」「▲▲△△△」「▲△△△△」というように「何個と何個で5個」をトレーニングをしますが、3個「▲▲△」や4個「▲▲▲△」「▲▲△△」「▲△△△」から始めます。また折角3個や4個からイメージするので、「何個?」の聞き方も数パターン準備します。「▲▲と△で何個?」を最初に聞いて、「▲▲あるけど、あと何個で3個になる?」「▲▲を3個にするには、あと何個あればいいかな?」等も織り交ぜて聞いていきます。

 

あとは、これを10個までイメージできるようにするか、5個までのイメージにするかはお子さまによります。私個人としましては、5個までのイメージにし「▲▲▲▲▲は■になるんだよー」と変換させる方法を、教えられれば教えたいです。日本にはソロバンという計算ツールがありますが、これは5単位で変換されていきます。偉大なる先人の知恵です。また時計の針も5分、10分、15分・・・・・と5単位で大きくメモリがふられていますし、掛け算も5の段から覚えます。何かと5という数は、イメージがしやすい数なのです。ただ、ちょっとここでひと工夫します。▲▲▲▲▲を表すおはじきは、赤や青、緑などで良いのですが、5個を表す■のおはじきは、ちょっと高級感が出る色が好ましいです。更に■■=★で10個を表す★のおはじきは、更に高級感が出る色です。グンとグレードが上がるのを感じてもらいたいからです。

 

5個の「▲▲▲▲▲」を■に変換できるようになったら、「■▲▲▲は何個?」の質問になりますが、「8個!」と答えてもらえたら、イメージも出来ていますし、5+3も出来ています。次はいかに5のイメージを作り出し、計算できるかのトレーニングになります。

 

数のイメージが出来るようになっても、指折り計算に慣れ親しんできた子に、指を折らずに数のイメージだけで計算をしてもらうのは時間がかかりますが、小さい数からコツコツと焦らず指導(勉強支援)していければと思います。

 

f:id:orangeschool_fujisawa:20170616034553j:plain

実は課題に向き合える時期にきている可能性もある

数のイメージのお話で、「えっ?(ウチの子)そんなことができるんですか?」というお声をいただくお話をしましたが、生活支援として蝶々結びを指導したりすると「それ出来るようになりましたか!」と言われることがたまにあります。指先が器用でない子がいらっしゃいますので、紐の結び方を指導することがあるのですが、こちらもスモールステップで丁寧に指導していきます。1ステップずつ見せながら、寄り添いつつ結ぶ練習をします。どこの輪に紐を通してよいのか分からず混乱してしまい失敗することが多いので、ゆっくりと一つひとつの作業を確認しながらチャレンジしていきます。

 

数のイメージも蝶々結びも、実際に指導していると、すんなりと出来てしまうお子さまも、時間がかかりますが出来るようになるお子さまもいらっしゃいます。出来るようになったお子さまのお話を聞いていると、過去に初めて習ったり教わったりしたときは、意味が分からなかったり、やる気がなくて真剣に向き合っていなかったりということがあります。たまたまタイミングよく私たちが指導(支援)していたということです。月日が経ち、意味が理解できる時期、真剣に向き合える年齢に来ているのに、誰からも教えてもらってなかったり、チャレンジする機会がなかったりするのは、残念な気がします。

 

お子さまが小さかった頃に出来なかったことを「久しぶりにやってみない?」と、無理強いせずに、優しくお声をかけてみるのも良いかもしれません。

 

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

  • じっとしているのが苦手
  • 準備や時間管理が苦手
  • 空気がよめない
  • 周囲が気になり集中できない
  • こだわりがあり学習にも偏りが多い
  • 文章を拾い読みしてしまう
  • 意外なことで突然癇癪を起す
  • 言葉を直接的に捉えて一喜一憂する
  • 不登校で勉強が遅れている
  • 整理整頓が苦手
  • 朝の準備に時間がかかる
  • 算数や国語の問題内容をイメージするのが苦手

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466-52-5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・清水小学校・明治小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。

オレンジスクール【勉強と気持ちの在り方。ちょっとしたことですが、これが大事なんです】藤沢教室 - 放課後等デイサービス(自閉症、ADHD、学習障害(LD)を抱えるお子さまに教育と療育を。)

こんにちは。放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室 荒井です。

今回のテーマは【勉強と気持ちの在り方】です。

「勉強しなさい!」

どのご家庭でも一度は言ったり聞いたりしたことのある言葉だと思います。親としては、子どもの将来を考えるとついつい言ってしまうものですよね。 しかし、その言葉が子どもたちの自尊心を傷つけ、自己肯定感を低めているのかもしれません。

f:id:orangeschool_fujisawa:20170608103235j:plain

自尊心とは「自分自身のことを価値ある存在と認識すること」です。 上記のように相手を思って強く言った一言でも、場合によっては子どもたちの心には大きくのしかかってしまい、自尊心に影響を与えてしまうかもしれません。 自己肯定感が低くなってしまいますと、何をするにも「どうせ僕なんか・・」という気持ちになってしまい、勉強どころか日々の生活にも支障が出てしまう可能性があるのです。

では、勉強において自尊心を保ちつつ、自己肯定感を高めるためにはどうすればよいのでしょうか。いくつか方法をご紹介します。

普段言ってしまう言葉を言い換えることです。

「勉強をしなさい」→「一緒にやってみようか」

「早くしなさい」→「○分までに片付けてね」「10秒数える間に座れるかな」

「集中しなさい」→「○時まで座っていましょうね」「○時までやってみようか」 等々。

このように少し言い換えることで、具体的でわかりやすく、きつい言い方にならないで子どもに伝えられるようになります。言う側も言われる側も気持ちよく過ごせますよね。

f:id:orangeschool_fujisawa:20170608122828j:plain

ひとつでも多くの成功体験を積み重ねることです。

勉強において、誰でもバツがたくさんあると自信がなくなってしまうものです。反対に、たくさんマルがあれば「自分は実は結構できるのかも!」と自信をもつことができますよね。

藤沢教室では各学年の基礎・基本から補足問題、応用問題まで様々なレベルの教材を用意しています。まずは、本人が解ける問題から取り組みましょう。そうすることでたくさんのマルをもらうことができ、自然と意欲が高まり、また自尊心も満たされていきます。

しかし、解ける問題ばかりではその子のためにはなりません。もちろん苦手な問題にも挑戦してもらいます。ただ、苦手な問題を最初から「全部解いて」となると、折角の高まった意欲がなくなってしまいます。その際は「数問、一緒にやってみよう」と言い換えをし、苦手な問題をスモールステップで1つひとつ丁寧に支援していきます。子どもたちも寄り添って教えてもらえることがわかると、不安な気持ちがなくなり、取り組みやすい環境になるのではないでしょうか。

藤沢教室では、子どもたちの「気持ち」を考え尊重することで、今までの勉強の取り組み方から変えていきたいと考えています。

f:id:orangeschool_fujisawa:20170608125130j:plain

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

  • じっとしているのが苦手
  • 準備や時間管理が苦手
  • 空気がよめない
  • 周囲が気になり集中できない
  • こだわりがあり学習にも偏りが多い
  • 文章を拾い読みしてしまう
  • 意外なことで突然癇癪を起す
  • 言葉を直接的に捉えて一喜一憂する
  • 不登校で勉強が遅れている
  • 整理整頓が苦手
  • 朝の準備に時間がかかる
  • 算数や国語の問題内容をイメージするのが苦手

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466-52-5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・清水小学校・明治小学校があります。

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。

オレンジスクール【なぜ勉強しなきゃいけないの?それはね】藤沢教室 - 放課後等デイサービス(自閉症、ADHD、学習障害(LD)を抱えるお子さまに教育と療育を。)

こんにちは。放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室の百田です。藤沢駅北口からすぐの場所に6月1日に新規開校しました!これからもよろしくお願い致します。

さて、今日のテーマは『なぜ勉強をするのか?』です。オレンジスクールでは、学習と療育という2つの側面からお子さまのサポートをしています。オレンジスクールでは「なかなか勉強をしてくれないんです」「勉強させようとすると反抗するんです」というお問い合わせをいただくことがあります。発達障害を抱える子に限らず「勉強したくない」「勉強嫌い」っていう子どもは多いですよね。

それでもなぜ、わたしたちは子どもたちに勉強をしてほしいのでしょうか。「なんで勉強しなきゃいけないの?」と質問されたとき、みなさんは何とお答えしますか?

f:id:orangeschool_fujisawa:20170605190311j:plain

今回のキーワードは【目的】という言葉と【目標】という言葉です。

辞書をひくと、

 

【目的】実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。めあて。

例「当初の目的を達成する」「目的にかなう」

 

【目標】そこに行き着くように、またそこから外れないように目印とするもの。行動を進めるにあたって、実現・達成をめざす水準。

例「島を目標にして東へ進む」 「目標額」

 

このような意味だと書いてあります。では、勉強って、目的と目標、どちらなんでしょうか?

 

勉強が【目的】の場合、勉強がゴールになります。たとえば、算数のテストで100点をとれたらそれでおしまい。志望校に合格したら、目的達成。

勉強が【目標】の場合、勉強はあくまで手段です。たとえば『小数のテストで100点をとる』という【目標】をかかげ、小数の問題を解きながら「考える力」を培い、100点が取れて目標をクリアした時に「達成感」を得る。

f:id:orangeschool_fujisawa:20170605193543j:plain

子どもたちが大人になって一人で生きていくとき、きっと「自分で考える力」や「情報を読み取る力」、「すぐに諦めないこと」、ものごとを達成できたときの「喜び」、自分への「自信」・・・が必要になります。だから各教科の勉強を通して、こういったことを学んでいくのです。大げさかもしれませんが、幸せな人生を送るという【目的】のために、たとえば『小数のテストで100点をとる』という【目標】をかかげ、小数の問題を解きながら「考える力」を培い、100点が取れて目標をクリアした時に「達成感」を得る。そのための勉強なのではないでしょうか。

学習も療育も、さまざまな経験を通してスキルを身につけ、お子さまの人生の目的をかなえるための手段であるというところが共通していますよね。そんな長期的な視点を持って、日々お子さまのサポートにあたりたいと考えております。

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

  • じっとしているのが苦手
  • 準備や時間管理が苦手
  • 空気がよめない
  • 周囲が気になり集中できない
  • こだわりがあり学習にも偏りが多い
  • 文章を拾い読みしてしまう
  • 意外なことで突然癇癪を起す
  • 言葉を直接的に捉えて一喜一憂する
  • 不登校で勉強が遅れている
  • 整理整頓が苦手
  • 朝の準備に時間がかかる
  • 算数や国語の問題内容をイメージするのが苦手

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466-52-5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・清水小学校・明治小学校があります。

 

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。

オレンジスクール【勉強とともに、子どもの成長と自立を支援します!】藤沢教室 - 放課後等デイサービス(自閉症、ADHD、学習障害(LD)を抱えるお子さまに教育と療育を。)

f:id:orangeschool_fujisawa:20170602133727j:plain

こんにちは、オレンジスクール藤沢教室の柏木です。

今回は放課後等デイサービス オレンジスクールで行われている「療育」のお話です。

皆さんは「療育」という言葉を耳にされたことはありますか?
「教育や保育なら聞いたことがある」という方は多くいらっしゃると思います。
皆さんが通ってきた幼稚園や保育園、小学校で行われている教育活動を「教育」や「保育」と呼びます。

では「療育」とは何でしょう?

ズバリ!「療育」とは、発達障害(ADHD・自閉症スペクラム・アスペルガー・学習障害など)を抱えていると診断されたお子さまが、社会に出て自立できるよう、それぞれの特性に照らし合わせながら取り組んでいく社会訓練や教育活動のことです。
治療的側面と教育的側面を併せ持ったプログラムに則り、お子さまがご家庭や学校はもちろん、社会に出た時に、対人関係や生活スキルで困ることがない様に、支援する訓練や教育活動のことをいいます。
それらは、勉強だけに留まらず、自分の健康を守るための「衛生管理」の観点や、社会で人と接するための「コミュニケーションスキル」、守るべき「ルール」など、学校教育や保育に劣らず広い分野に渡るため、その方法も実に多彩です。

私たちオレンジスクール藤沢教室では、毎日の約束として、下の写真のようなスケジュール表を使い、子ども達一人ひとりに自分で今日の予定を立ててもらっています。

f:id:orangeschool_fujisawa:20170602133904j:plain

これを目安とすることでスケジュール管理能力を身につけたり、発達障害を抱えるお子さまにありがちな「先の見通しがないと不安になる」という特性をフォローしながら支援を行なっています。
また、オレンジスクール藤沢教室には学習や療育に使えるゲームなどを揃えており、スケジュールの中に組み込んでいます。

次に具体的な一日の流れをご紹介します。
下は先ほどご紹介したスケジュール表に記入したものになります。

f:id:orangeschool_fujisawa:20170602165802j:plain

必ずしも同じ様な流れになるわけではありませんが、基本的には「挨拶」や「手洗い」、「スケジュール作成」から始まり、「宿題」やお子さまの学力をはかりながら「学習プリント」に取り組みます。その後 、お友達や指導員と一緒に「 ゲーム」をしたり、「読書」をしたりして過ごしています 。

f:id:orangeschool_fujisawa:20170602134414j:plain

また、オレンジスクール藤沢教室で行われている療育の種類について、もう少し詳しくお話しできたらと思います。

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

  • じっとしているのが苦手
  • 準備や時間管理が苦手
  • 空気がよめない
  • 周囲が気になり集中できない
  • こだわりがあり学習にも偏りが多い
  • 文章を拾い読みしてしまう
  • 意外なことで突然癇癪を起す
  • 言葉を直接的に捉えて一喜一憂する
  • 不登校で勉強が遅れている
  • 整理整頓が苦手
  • 朝の準備に時間がかかる
  • 算数や国語の問題内容をイメージするのが苦手

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466-52-5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

 

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・清水小学校・明治小学校があります。

 

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。

オレンジスクール【たくさんのご要望にお応えして、6月1日開校!】藤沢教室 - 放課後等デイサービス(自閉症、ADHD、学習障害(LD)を抱えるお子さまに教育と療育を。)

はじめまして。オレンジスクール藤沢教室の百田です。
藤沢駅から徒歩1分の所に、6月1日にオレンジスクール藤沢教室(放課後等デイサービス)がオープンします!

 

「放課後等デイサービスって何?」「どんなことをしているの?」と思いますよね。

「放課後等デイサービス」は、6歳~18歳までの障害のあるお子さんや発達に特性のあるお子さんが、放課後や夏休みなどの長期休暇に利用できる福祉サービスの名称です。
お子さん一人一人の特性に合わせた療育や集団活動を通して、放課後家や学校以外の居場所として利用したり、お友だちをつくったりすることができます。

オレンジスクール藤沢教室でお預かりするお子様は一日10名程度です。少人数集団の中で一人一人に寄り添いながら学校の宿題や問題プリントに取り組んで学習習慣を身につけたり、一緒に遊んでコミュニケーション能力を高めたり、ルールを守る力を身につけたりすることが出来ます。

 

f:id:orangeschool_fujisawa:20170601192201j:plain

 

とはいっても、「授業中に座っていられない」「お友達と上手くコミュニケーションが取れない」「将来が心配だ」など、お子様の悩みはご家庭それぞれだと思います。

当教室では、ご見学やご契約の際にしっかりお時間をいただき、「学習面」「社会面」でお困りになっている事柄を具体的に聞き取りをさせていただきます。
また、お子さんの苦手なことばかりでなく、「好きなこと」「得意なこと」についてもお伺いします。得意を「大得意!!」にし、自分に自信をもって社会に巣立っていくことが出来るようにサポートできたらと考えておりますので、どんなお悩みもお気軽にご相談下さい。専門のスタッフが丁寧に指導・サポートをいたします。

 

お子様の苦手を得意に!得意を大得意に!!
ご家庭・お子様・そしてオレンジスクール。三人四脚でお子様の羽ばたきをサポートしていけたら光栄です。

 

f:id:orangeschool_fujisawa:20170601192235j:plain

 

スタッフ一同、お会いできるのを楽しみにしております。

************************

こだわり、学習遅滞、不登校、多動、注意散漫、音に敏感など、お子さまの発達・成長・学力でご不安なことがありましたら、ご相談ください。

  • じっとしているのが苦手
  • 準備や時間管理が苦手
  • 空気がよめない
  • 周囲が気になり集中できない
  • こだわりがあり学習にも偏りが多い
  • 文章を拾い読みしてしまう
  • 意外なことで突然癇癪を起す
  • 言葉を直接的に捉えて一喜一憂する
  • 不登校で勉強が遅れている
  • 整理整頓が苦手
  • 朝の準備に時間がかかる
  • 算数や国語の問題内容をイメージするのが苦手

放課後等デイサービス オレンジスクール藤沢教室

【TEL】0466-52-5906

【MAIL】fujisawa@orangeschool.jp

【お問い合わせ】 放課後等デイサービス オレンジスクール 藤沢教室

orangeschool.jp

************************

 

藤沢教室の半径2Km以内には、本町小学校・藤沢小学校・大通小学校・村岡小学校・鵠沼小学校・新林小学校・高谷小学校・鵠洋小学校・大鋸小学校・清水小学校・明治小学校があります。

 

※自治体の助成により無料もしくは低額にて療育・学習指導が受けられます。まずは、市役所/相談支援事業所/当事業所にご相談ください。
※放課後等デイサービスは、「放デイ」「放課後デイ」「放課後デイサービス」と略して呼ばれてもいます。